ロゴ
HOME>オススメ情報>結婚式の引き出物はどうしたらいい?スムーズに準備しよう!

結婚式の引き出物はどうしたらいい?スムーズに準備しよう!

風呂敷

引き出物にかかる費用の相場について

結婚式で様々な人に贈るのが引出物です。昔は決まったルールやしきたりがありましたが、近年では緩くなってきました。どんなゲストが来るかによって品物や金額を考慮しましょう。地方にもよりますが、引出物はメイン・引菓子・縁起物の3品が基本となります。まずはメインの品物は主賓に贈ります。ご祝儀は5万~10万円、引き出物は1~2万円が相場となっています。ゲストの中でも最も高くなるので最適なものも用意しましょう。親族は年代が幅広いので贈るものも異なります。祖父・祖母なら1~2万円、叔父・叔母・従妹なら5000~1万円が適正な価格です。親戚は結婚後もずっと付き合っていくため、品物のランクも高くなります。会社の上司は5000~1万円となります。主賓として招く場合もそうでない場合も価格は同僚よりも高くなります。同僚や友人は4000~6000円と金額が控えめとなります。とはいえ、あまりに安いと失礼にあたるのでほどほどの金額にしましょう。

風呂敷

引き出物準備をはじめる時期と気をつけること

引出物は招待されるゲストが決まるまで完全に決めることはできません。まずは、招待状を発送した後に検討を始めるといいでしょう。挙式が始まる3~4か月前にゲストの分類で金額を決定します。ここではプチギフトを除いたギフトの総額としてご祝儀分類毎の金額を決定します。この段階で式場で手配するかショップで買って持ち込みにするか決めましょう。インターネットでも式場でも品揃えはほとんど変わりません。2~3か月前になったら引き菓子の値段を検討しましょう。引き菓子はゲスト共通で渡すのでスムーズに決めやすいです。また、縁起物を入れるか入れないかも決めていきます。地方によって縁起物の有無は違ってきます。メインとなる引き出物はゲストは婚礼アイテムとして使ってきます。受け取ったゲストのことも考えてどんなコンセプトにするか決めましょう。おしゃれにしたり実用性を重視したり新郎・新婦によって考えは様々です。コンセプトを決めると最適な商品が見つけやすいですよ。